最短30分

カードローンを行うことが出来るカード会社では、即日融資が出来るところが増えています。

そして、その申し込み方法も最近はとても簡単になっています。
以前であれば、所得証明書や源泉徴収票といった役所や会社に発行してもらわなければいけない書類を送付する必要がありました。

しかし、今ではパソコン内蔵のウェブカメラ、もしくは携帯端末のカメラを利用して個人証明書をウェブにアップするだけで審査を通過することが出来るカード会社もあります。
そうしたところをでは最短30分申し込みで即日キャッシングが出来る会社もあります。
ですから、切羽詰まってどうしてもその日の内に支払わなければいけないお金がある場合にはこうしたカードローン会社のサービスを利用しましょう。

クレジットカードでもカードローンでも利用目的によってはお得になることも損することもありますから、それぞれの機能をしっかりと熟知して利用するようにしましょう。

即日でいける

カードローンがクレジットカードよりもいいところは即日でキャッシングを行うことが出来るところです。
もちろん審査に通過しなければいけませんし、カード会社によっては即日は無理だというところもあります。

しかし、最近のカードローンの会社では、お昼の何時までに申し込みを済ませれば即日キャッシング可能、といったところもあります。
もし、急な支払いで困ってしまっている場合にはカードローンの即日融資を利用するほうがいいでしょう。
クレジットの場合にはカードの発行までに一週間ほどかかるので即日融資を利用することは出来ません。

限度額

カードローンの限度額はクレジットカードの限度額よりも高く設定できる事がほとんどです。

一般的なカードローンでは限度額は最高で1000万円、低くても100万円といった融資限度額になっています。

しかし、クレジットカードの場合はカード会社の審査の厳しさにもよりますが、最高限度額が100万円で低い場合には10万円といった限度額になります。

ですが、この場合は一概にカードローンの方が良いとは言い切れません。
限度額が大きいということは、それだけキャッシングに対する誘惑が生まれます。
自己抑制することが出来る人ならいいでしょうが、思わずローンを組んでしまう浪費家タイプの方は、しっかりと自分で判断してカードローンを利用するかクレジットを利用するかを決めるようにしましょう。